マカオ、ラスベガスカジノ情報について

ネット通販で話題、人気の商品の最新情報をお届け

カジノによる集客や税収と法整備について

カジノと言えば、一晩で一攫千金という夢を現実とする場所です。
アメリカのラスベガスやマカオなどのカジノが有名で、その地域に訪れたなら必ず行ってみたいという観光名所でもあります。
有名無名を問わず世界的にこういう場所は多く、毎晩何百万ドルというお金が飛び交っています。
日本の法律では、刑法185・186条において賭博行為が禁止となっているため、こういう施設を作ることが出来ません。
しかし現在、日本にもこういった場所を作ろうという案があり、実現に向けて話し合いが進められておえい、その実現は明るいと言えるでしょう。

カジノ自体の集客効果というのはとても大きく、さらに扱われる金銭も大きいため税収を期待している県、東京都を始め秋田、静岡、大阪、徳島などが名乗りを上げています。
しかし、賭博という行為が絡む関係で非合法組織の関与という問題があります。
この問題は非常に根深く、1950年代のラスベガスに代表される問題や1990年代後半にマカオで抗争が勃発するといったこともありました。
これらの経験から日本でも同様のことが起こると予想されており、この問題が日本のカジノ実現の大きな障害となっていることは言うまでもありません。

日本では賭博行為は禁止となっていますが、日本国内からインターネットを利用してオンラインカジノに接続することが出来ます。
現在のところこれが違法と判断されたことはなくグレーゾーンとなっており、現状日本国内において唯一カジノを楽しむ方法となっています。
しかし、今後の法整備によって違法となる可能性もあります。

マカオ、ラスベガスカジノ情報カテゴリー項目一覧

カテゴリー
更新履歴
カジノによる集客や税収と法整備について
2013年8月29日